日本男女別学教育研究会ブログ

日本で唯一の男女別学教育研究会の活動やお知らせなどをご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア関係の皆様へ(男女別学教育シンポジウムのご案内)

2010-06-10-Thu-10:00
6月10日、文書で、一部メディア関係の皆様に以下のように
8月の「男女別学教育シンポジウム」についてご案内しました。

しかし、ご案内を差し上げられなかった方も多くあります。

下記のご案内をご覧いただき、もしご都合がつくようであれば、
ご参加いただければ幸いに存じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各位
                               平成22年6月吉日

        男女別学教育シンポジウムのご案内

                            日本男女別学教育研究会
                                代表 中井俊已

拝啓
向暑のみぎり、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、この度、別紙の要領で「第1回 男女別学教育シンポジウム」をおこなうことにいたしました。

いま日本には共学化の流れがあり、多くの人が男女別学は時代遅れだと考えているのが現状です。少子化、長引く不況の影響もあり、日本の別学校の中には危機に瀕している学校も少なくありません。

しかし、最近、脳科学の進歩によって欧米で別学教育が見直されておりますように、男女の違いを尊重した男女別学こそ、子どもたちの学力低下や様々な教育の問題を解決できる、より良い成果を生む教育であり、日本に現在も未来にも必要だと私は考えています。

そこで、広く多くの方々に、最新脳科学と教育との関連や欧米諸国の状況もご紹介しながら、別学の良さを見直していただくためにこの会を催す運びとなりました。

本会は、全国のすべての親や子どもに向け「男女別学教育こそが、日本の明るい未来を拓く教育である」というメッセージを発信する日本で初めてのシンポジウムです。

貴社の皆様には、ご多用のこととは存じますが、本シンポジウムにご参加いただき、広く皆様にお伝えする機会としていただければと願っております。
 
末筆ながら、貴社がますますご発展されますようにお祈り申し上げます。
                                            敬具                

◆ご参加のお申し込み

 大変お手数ですが、日本男女別学教育研究会HP http://www.sse-j.org/ のお申し込みフォームよりお願いいたします。
 
◆ご連絡先

〒852-8121 長崎市三川町1234-1 
三川台スタディセンター  
中井俊已 (メール toshiminakai@gmail.com)                       
 han0132-026_s.jpg
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。